認知症、はじめました。

ありがたや お寺の歴史はまるで授業 父が認知症、はじめました

認知症の父親をもつイラストレーターが、日々のエピソードを漫画にしました。中学時代の担任だったご住職と、遂に対面。ドキドキです。

認知症、はじめました46「先生」
ご住職との面談です
『先生、20年以上ぶりなのに変わらないなぁ』
「それでは、お寺の説明をさせていただきますと」
「まず浄土宗の宗祖は法然上人と言われておりまして」『授業だ・・・』
父にはあまり聞こえてないはずだが、「仏とのご縁をうけましてね、このような機会を栄光に思います」
お堂を見て、つつがなく面談終了「ありがたい・・・気がします」
「お久しぶりです、中学の頃お世話になりました」「どーもー」
「文化祭でたしか迷路つくってたよね、委員で」「そういえば!! そうでした」何が印象に残るか分からない

次の回〈47〉のお話:両親はいつかこのスペースに…胸がぎゅっ

前の回〈45〉のお話:むかし担任いま住職。墓が欲しけりゃまず面談

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について