みんなが心開いて「素」になれる場所 

梅雨の晴れ間の駄菓子屋さんに異変!?~DAYS BLG ! の活動報告

友だちが友だちを呼び、そしてまた友だちを呼ぶ…
友だちが友だちを呼び、そしてまた友だちを呼ぶ…

長い梅雨の合間に見える日差しが気持ちのいい時期。それは誰にとっても同じこと。私たちDAYS BLG!(以下、BLG!)のメンバーさん(BLG! では「利用者」という言葉は使いません)も、そんな日は心が弾んでいる様子です。

それを更に弾ませるのが、駄菓子屋に来る子どもたち。「こんにちはー!やってますか?」という合言葉とともに、子どもたちが来店。

「やってるよー!いらっしゃい」
「今日は何を買いに来たのかな?」

いつものようにメンバーさんが子どもたちへ声をかけました。すると、後から後から子どもたちの賑やかな声が続いてきます。

「今日は皆で来たんだねー」
「みんなお友だちなのかな?」

ここでも、いつも通り声をかけていくメンバーさん。

しかし、今日は違いました。写真には写っていませんが(写す余裕がなかった)、友だちの友だちの友だちまでもが来店し始めたのです。駄菓子屋さんの外まで行列ができました。

さすがのメンバーさんも、ここまで来ると、いつも通りとはいきませんでした。10人以上の子どもたちが一気に押し寄せてきたのです。それには若干引き気味のメンバーさん。上の写真がその姿です。

子どもたちは容赦なく「これとあれが欲しい」「僕は当たり券を持っているから、これと交換ね」「私はスーパーボールのクジを2回する」などなど、矢継ぎ早にメンバーさんへ話しかけます。

しかし、子どもたちが帰るときにはメンバーさんは、この一言を忘れません。

「気を付けて帰ってね」

さすが!!

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について