参加する

「認知症にやさしいまちづくりの始め方in大阪」(大阪)

「認知症にやさしいまちづくりの始め方in大阪」(大阪)
「認知症にやさしいまちづくりの始め方in大阪」(大阪)

認知症になっても「変わらない暮らしができるまち」は可能でしょうか? それを実現するには、関心のある介護・福祉従事者だけでなく、認知症当事者と家族・自治体・自治会などの地域コミュニティ、商店街など地元商業者・企業など、多様なステークホルダーを招き入れ、まちのビジョンを描き共有しながら、実現に向けた行動を一緒に起こしていく必要があります。こうした活動をしている地域の事例を共有し、認知症にやさしいまちづくりについて考えるイベントです。

日時

2019年6月28日(金)13:30~16:30

会場

オカムラ「bee」(大阪市北区大深町4-20グランフロント大阪タワーA21階)
JR大阪駅より直結

内容

・認知症にやさしいまちの事例紹介
・認知症にやさしいまちをつくるための「対話」について
・多様性のあるコアチームをつくるには?

講師

・株式会社 フューチャーセッションズ セッションプロデューサー 芝池玲奈さん
・医療法人静光園 白川病院(大牟田市)医療連携室長 猿渡進平さん
・NPO法人認知症フレンドシップクラブ理事、株式会社DFCパートナーズ代表 徳田雄人さん

対象

認知症施策担当、自治体職員

参加費・定員

3,000円/40名

参加申込

メールにてお申し込み下さい。
メール:machi@dfc.or.jp

主催・共催

株式会社DFCパートナーズ、NPO法人認知症フレンドシップクラブ、株式会社フューチャーセッションズ

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について