なかまぁるセレクト 映画&本

『ことことこーこ』

『ことことこーこ』

【この作品は…】

「介護」というと、ついネガティブなイメージになりがちですが、そんな先入観を吹き飛ばし、介護される側もする側も楽しい気持ちにさせてしまう、とても不思議な小説です。

【あらすじ】

結婚十年で離婚し、老父母の暮らす実家に戻った香子。フードコーディネーターとしての新たな人生を歩み出した矢先、母・琴子に認知症の症状が現れはじめます。弟夫婦は頼りにならず、仕事と介護を両立させようと覚悟を決めますがが……。歳と共に変わりゆく親子の関係がユーモアたっぷりに描かれています。

【著者は…】

阿川佐和子(あがわさわこ)
1953年東京都生まれ。慶應義塾大学卒。報道番組のキャスターを務めた後に渡米。帰国後、エッセイスト、小説家として活躍。99年に檀ふみ氏との往復エッセイ『ああ言えばこう食う』で講談社エッセイ賞をはじめ、数々の賞を受賞。12年に刊行した新書『聞く力 心をひらく35のヒント』は170万部を突破する大ベストセラーに。

【書籍データ】

  • タイトル:ことことこーこ
  • 著者:阿川佐和子(あがわさわこ)
  • 判型:四六判
  • 頁数:392頁
  • 価格:1500円+税
  • 発売日:2018年9月28日
  • ISBN:978-4041071014
  • 発行:KADOKAWA

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について