WATASHI 戸﨑美和が撮る当事者

「秋山美都子さん」WATASHI 戸﨑美和が撮る当事者

写真家であり社会福祉士でもある戸﨑美和さんが、当事者の一瞬を切り取りました。どのようにファインダーをのぞいて、どういうタイミングでシャッターを切ったのでしょう。その内側の世界は?

「秋山美都子さん」
「秋山美都子さん」

ときおりハミングしている曲が何なのか調べてみたら、なんとフランスの国歌でした。
どうして? そう聞くと「ふふふ」と笑われ、いつのまにかハミングに戻っていました。

“口からは宝石しか出してはいけません”と言ったのは、誰だっただろう。それと同じように、美都子さんの口から出るコトバは言霊として、受けた側はいつも優しくパワーをもらっています。

他者をさりげなく思いやること、日本語の、主語を抜いて会話するときの慎ましやかな謙譲の美徳、常に口角を上げ、動作はゆっくり、流れる空気を切らないよう歩くということなど、いろいろ教わったような気がします。
「吉田茂から名前をつけてもらったんですよ」と仰るご家族からのコトバも、なるほど、と腑に落ちました。
ほんのすこし口紅をさしただけでこのうつくしさ!!

戸﨑美和さんが、撮影中に交わしたキラリと光る“コトバ”を集めました。

「秋山美都子さん」のコトバ

「きれいね」(背景紙を見て)

「いいんじゃない?」(化粧しますか?と質問し、軽くリップを塗ってみた後)

「あなた、大丈夫?」(カメラをさげながら調光しているとき)

「どうもありがとう」(写真のためにスカートの裾を直したとき)

「ふふふ」(撮った写真を見てもらったとき)

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について