シニアライフ・ニュース

ブルース・ウィリスさんが患った「失語症」 症状は?どう接すれば?

 米国の俳優ブルース・ウィリスさん(67)が俳優業を引退する意向を明らかにしたという。「失語症」と診断を受けたことが原因とされるが、どんな病気で、生活にどのような影響があるのか。

ある日、母から電話「父さんがおかしい」 父が認知症、はじめました

 日本失語症協議会などによると、失語症になると、言葉がでてこなくなる。それだけでなく、自分の頭の中ではわかっていても、物の名前が言えなくなったり、間違えて言ったりしてしまうこともある。

 重度になると、「はい」「いいえ」の返事ができなくなることもある。

 失語症の大半のひとは、理解することの障害もある。

 早口で話しかけられて理解できなかったり、別な話題に切り替わったときについていけなかったりする。

 失語症になる原因はいろいろだが、脳の中の言語中枢という部分に傷がつくことで起きる。

 脳卒中になり、血管が詰まって脳に酸素がいかなくなったり、血管が破れて出血したりした場合。交通事故に遭うなど外傷がもとで起きることもある。

 また、認知症になって脳の働きが低下することでも起きる。

(編集委員・辻外記子)朝日新聞デジタル2022年03月31日掲載

朝日新聞デジタルで読む(会員登録が必要です)

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について