これからのKAIGO

亡くなった親や夫にできなかったことを みなさんにお返ししたくて ~生活支援の仕事編~

介護の現場ではアクティブシニアの力が期待されています。誰もがイメージする「The・介護」とは違った多様なしごとや活躍の場も。あなたも介護の現場に飛び込んでみませんか?

今回ご紹介するのは、細越フミ子さん。東京都練馬区の認知症グループホームに勤務しています。

青森県八戸市から上京したのが3年前。「元気なうちは働こう」と探して、見つけた仕事が高齢者の「見守り」でした。亡くなった親や夫に対して、できなかったことをお返しできれば・・・。働く幸せをかみしめながらの毎日です。

※本広告はReライフ.netより転載をしております。

細越 フミ子(ほそごえ・ふみこ)さん

73歳。夫が亡くなり、娘からの提案で青森県八戸市から上京して3年。「元気なのだから働こう」とインターネットで探して見つけた職場が認知症グループホーム「しゃくじいの庭」(有限会社アオキトゥーワン/東京都練馬区)。仕事の内容は入居する高齢者の「見守り」、ほかに食事づくりも担当。40代で幼稚園の給食の仕事に就いた経験が生きているという。「あこがれの東京で、夏は涼しく冬は暖かい職場なので一年でも長くがんばりたい」

日本全国の福祉・介護に関する情報が集まる「福祉・介護情報プラットフォーム」

福祉・介護に関する情報を必要とする方、仕事に従事したいと考えている方、事業者向けの情報をチェックしたい方など、福祉・介護に携わるすべての人たちをつなぐことを目指しています。

この記事をシェアする

この連載について