これからのKAIGO

「自分にできること」で働くことができ みなさんに元気もらってます ~経理の仕事編~

介護の現場ではアクティブシニアの力が期待されています。誰もがイメージする「The・介護」とは違った多様なしごとや活躍の場も。あなたも介護の現場に飛び込んでみませんか?

今回ご紹介するのは、塚田一雄さん。神奈川県藤沢市にある小規模多機能型の介護事業所に勤務しています。

介護業界で不足している人材は、介護職員だけではありません。送迎も調理員も「経理」担当者も足りません。元銀行マンの塚田さんは、経理の仕事で縁の下を支えています。

※本広告はReライフ.netより転載をしております。

塚田 一雄(つかだ・かずお)さん

71歳。大手銀行に就職して定年退職まで勤め上げたが、両親の介護のため継続雇用を断念。経理、法務、人事、労務で豊富な知識と経験をもつ。心身の健康のために仕事を探していたところ、小規模多機能型居宅介護を運営する株式会社あおいけあ(神奈川県藤沢市)でパート職員として採用される。息子さんが横浜市内の特別養護老人ホームで勤務、かねて「自分のできることで介護業界の手助けがしたい」という願いを抱いていたという。

日本全国の福祉・介護に関する情報が集まる「福祉・介護情報プラットフォーム」

福祉・介護に関する情報を必要とする方、仕事に従事したいと考えている方、事業者向けの情報をチェックしたい方など、福祉・介護に携わるすべての人たちをつなぐことを目指しています。

この記事をシェアする

この連載について