これからのKAIGO~「自分にできる」がきっと見つかる~

培ったスキルが生かせ、社会につながっていられる仕事です ~記録管理の仕事編~

介護の現場ではアクティブシニアの力が期待されています。誰もがイメージする「The・介護」とは違った多様なしごとや活躍の場も。あなたも介護の現場に飛び込んでみませんか?

今回ご紹介するのは、林義和さん。神奈川県藤沢市の訪問看護・居宅介護支援「ナースケア湘南」で働いています。

現役時代はメーカー勤務で、営業やプログラミングの仕事に従事した林さん。訪問看護のデータベース入力作業や、医師・看護師向けの書類作成を担当し、システムエンジニアとしての腕前を、介護現場の情報管理に生かしています。

※本広告はReライフ.netより転載をしております。

林 義和(はやし・よしかず)さん

70歳。大手の電機メーカーで通信機器の営業やプログラミングに従事。40年以上勤めた会社を定年退職後、情報関連の仕事に就くチャンスを探していたところ、パソコン操作に長けた人材を探していた有限会社ナースケア(神奈川県藤沢市、訪問看護会社)に就職。訪問看護サービスの利用者のデータベース入力作業をこなすことで訪問看護師の業務軽減に貢献したり、連携する医療機関等の医師・看護師向けの書類作成を担当している。

日本全国の福祉・介護に関する情報が集まる「福祉・介護情報プラットフォーム」

福祉・介護に関する情報を必要とする方、仕事に従事したいと考えている方、事業者向けの情報をチェックしたい方など、福祉・介護に携わるすべての人たちをつなぐことを目指しています。

この記事をシェアする

この連載について