参加する

第152回老年学・老年医学公開講座「フレイル」ってなに?~自立した老後を過ごすための予防、診断、対策~

「フレイル」ってなに?~自立した老後を過ごすための予防、診断、対策~

加齢とともに筋力や認知機能等が低下し、生活機能障害や死亡などのリスクが高まる状態(フレイル)を予防して、健康寿命を延ばしていくことを目指すイベントです

日時

2018年11月28日(水)13:15~16:15

会場

北とぴあさくらホール(東京都北区王子1-11-1)
JR京浜東北線王子駅北口徒歩2分
東京メトロ南北線王子駅5番出口直結
都電荒川線王子駅前駅徒歩5分

内容

① 午後1時30分〜午後2時
「フレイルの予防になぜ運動と食事が重要なのでしょうか?」
講演者:重本 和宏氏(東京都健康長寿医療センター研究所 副所長)

② 午後2時〜2時30分
「脳のフレイル:加齢によるもの忘れと認知症の違い」
講演者:石橋 賢士氏(東京都健康長寿医療センター研究所 神経画像研究チーム研究員)

③ 午後3時〜午後3時30分
「社会的側面からみたフレイル〜外出と交流のススメ」
講演者:藤原 佳典氏(東京都健康長寿医療センター研究所 社会参加と地域保健研究チーム研究部長)

参加費など

入場無料、申込不要、当日先着1300人

主催

地方独立行政 東京都健康長寿医療センター
http://www.tmghig.jp/

この記事をシェアする

この連載について