なかまぁるショートフィルムコンテスト2021ノミネート発表!

今年で3回目となる「なかまぁるショートフィルムコンテスト」。9月25日の授賞式を前に、いよいよノミネートされた7作品の発表です。最優秀ほか、栄えある賞に輝くのはどの作品でしょうか。詳細を要チェックです!
感想はSNSで、ハッシュタグ「#なかまぁるSFC2021」をつけてぜひ投稿してください。

8月2日の約束

8月2日の約束

時間:20分10秒/制作国:日本/制作年:2020年/フィクション
監督:望月亜実
あらすじ:老女・糸は、今日もまた樹齢500年の銀杏の大木の前に佇んでいた。75年前、空襲で記憶を失った糸。あれからずっと何か大切な事を置き忘れてきた気がしてならない。そんなある日、銀杏に導かれるように愛する人との駆け落ちの約束を思い出す。そして命懸けの約束が今、途切れていた75年の時を繋ぐ――

ある母

ある母

時間:9分50秒/制作国:日本/制作年:2020年/フィクション
監督:板橋知也
あらすじ:病室。ある母・優香は、ベッドの上の幼児をあやし、また、ベッドの上の10歳の女の子を世話している。“彼女”は手に負えず、苦悩を重ねる日々を送る優香。ついには殺意が湧いてくる。しかし“彼女”が作った折り紙を捨てようとした夫に激怒し、優香は女の子への愛情を 再確認する。優香は18歳の少女を世話し……。

MIA

MIA

時間:12分35秒/制作国:日本/制作年:2021年/アニメーション
監督:FOREST Hunting One
あらすじ:歳を取り施設で過ごすジュディは、毎日会いに訪れる夫のニックを見て、ふと違和感を感じた。何かを思い出そうとするジュディ。人は忘れてしまったことをどうやって思い出すのだろうか。

音楽と認知症

音楽と認知症

時間:12分46秒/制作国:日本/制作年:2020年/ドキュメント
監督:藤井翔太
あらすじ:三川一夫は、2013年から若年性認知症になった妻の泰子を介護している。ピアニストの妻は演奏能力を失い、生きる希望を取り戻すため、二人は練習を始める。介護の葛藤を抱えつつ人前での演奏を成功させるが、病気は進行していく。

breath

breath

時間:15分41秒/制作国:日本/制作年:2020年/フィクション
監督:西山裕之
あらすじ:元水泳選手で今はニートの俊太郎は、水が怖いというアキラに遠隔で水泳を教える事になる。ある日、遠隔に限界を感じ、会って指導する事を勧めた途端、連絡が途絶えてしまう。そんな2人を再び結びつけた理由とは。

迷子

迷子

時間:28分20秒/制作国:日本/制作年:21年/フィクション
監督:山本大策
あらすじ:大好きなのは、りんご、にくまん、そしてひとだすけ。マイコは今日も街を歩く。何かを探して……。街で出会うへんてこりんな人々に声をかける人はなく、誰もが見向きもしない。そんな人々にす〜っと近寄り、そ〜っと手助けするのがマイコの日課だ。そんなある日、マイコに助けてほしいという少女と出会う。少女との出会いの先に待ち受けるのは切なくも優しい真実だった。

ラベンダー家族

ラベンダー家族

時間:19分23秒/制作国:日本/制作年:2020年/フィクション
監督:関野佳介
あらすじ:都内で働く美希子(46)は一人暮らしをしている。夫とは10年前に離婚し、息子の諭(22)も半年前に就職し家を出た。秋の連休を利用して実家に帰省し、父の正一(82)に車の運転を止めさせようと試みるが、苦戦する。その後美希子は、遅れて家に到着した諭と、美希子の母、幸(75)が何かを2人でこそこそと話しているところを目撃する。息子と両親の態度や、隠し事をされているという疎外感から、彼女は徐々に苛立ちを募らせていく。それでも美希子は家族を心配し、それぞれが抱える問題を解決しようと奮闘するが、たとえ家族であれ、結局他人の人生を決めることはできないことを悟る。

「なかまぁるショートフィルム」 の一覧へ

この記事をシェアする