笑顔がはじける大阪・門真のプロジェクト【なかまぁるウェブシアター】

「第1回なかまぁるShort Film Contest」の応募作品から、最終選考に残ったノミネート作品をウェブ上映している、なかまぁるウェブシアター。5本目は、佐野雄希(さの ゆうき)監督の『ゆめ伴プロジェクト~認知症になっても地域で輝く~』をご紹介します。タイトル通り、多くの人たちの輝く笑顔がはじける明るい作品です。昨年10月に開催したショートフィルムコンテスト授賞式の様子はこちらの記事でどうぞ。

「ゆめ伴プロジェクト~認知症になっても地域で輝く~」(この映像は日本国内でのみ視聴可能です)

ゆめ伴プロジェクト~認知症になっても地域で輝く~

【あらすじ】

"認知症になっても、地域で輝ける"。このことをテーマに「ゆめ伴プロジェクトin門真実行委員会」が2018年4月から始まった。認知症の人を中心に多様な人が集まり、みんなが輝くことのできる門真(地域)が今生まれる。

【作品概要】

監 督:佐野雄希
制作国:日本
制作年:2018

監督プロフィール
さの・ゆうき 大阪ええまちプロジェクトでは、3~5名程度のチームを編成し、期間と成果を定めてプロボノ活動に取り組む「プロジェクト型支援」を行っています。目指す成果物の支援内容や規模に応じて、3~6ヵ月間程度を要する長期プロジェクトと、本番1日、準備期間を入れても約1ヵ月間の1DAYチャレンジの2つのプログラムがあります。プロボノワーカーと地域団体・NPOとの協働を通じて、大阪府内の地域を「ええまち」にしようと頑張っている地域団体・NPOを応援します。

もっと観る!! 【認知症の新しいイメージを創ろう】

なかまぁるShort Film Contest 2020【応募概要】はこちら。

SHORTSHORTSとなかまぁるがコラボレーションした、「なかまぁるShort Film Contest」。認知症フレンドリーな取り組みがさらに広がっていくことを目指した短編映画のコンテストです。SHORTSHORTSは、ショートフィルム(短編映画)の総合ブランド。1999年より開催している米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」(SSFF & ASIA)を中心に、各種上映イベント、作品配給、作品製作、企業や行政などとのコラボレーションプロジェクトを展開しています
\n

「なかまぁるショートフィルム」 の一覧へ

あわせて読みたい

この記事をシェアする