認知症の疑いがある人を病院に連れていくには?

「認知症では?」と疑いをもったとしても、本人が拒んだり、家族が躊躇したりして、病院に行くのに足踏みする人は多い。だが、受診が遅れると病状は進行してしまうかもしれない。初めての受診をどうやって成功させるか、ご紹介したい。

70代の母親の様子がおかしいのですが、病院に連れていけないまま、もう2年が過ぎてしまいましたー

認知症の支援団体「認知症の人と家族の会」東京都支部の代表、大野教子(きょうこ)さん(63)が最近、40代の女性から受けた相談だ。

その女性は両親と離れて住んでいるが、実家に顔を出すたび母親が食品を腐らせていたり、同じことを繰り返したりするので、認知症を疑ったという。だが、それとなく母親に伝えても、「何ともない」と突っぱねられる。父親は諦めた感じで「もういいよ」と言う。病院での受診ができないまま、月日ばかりが過ぎてしまったというのだ。

大野さんはこの女性に、「お父さんに協力してもらって、お母さんと一緒にかかりつけ医に行き、医師に夫婦で脳ドックを受けるよう勧めてもらってはどうですか」

と提案した。女性は一人娘で、今後の介護で両親から頼られる存在になる可能性が高い。そのため、女性と両親との信頼関係が壊れないよう、周りの人の力を借りる必要があると判断したからだ。

「認知症の人と家族の会」は全国に1万1千人の会員がいる。1980年に設立以来、家族などからの認知症に関する電話相談に応じている。

「認知症の疑いがある人をどうやって病院に連れていけばいい? そんな相談は以前から多いんです」
と大野さんは言う。

嫁の立場で遠慮 義母受診に4年

「82年から2011年までの相談で最も多いのは『介護の方法や精神的援助』について(49%)ですが、次いで多いのが『受診希望』( 17%)、つまり病院に連れていきたいがどうしたらいいかといった、家族の悩みなのです」

医師の受診は、認知症の疑いがある人にとって、病気かどうかの判断を受け、治療につながっていく「はじめの一歩」だ。だがその肝心のスタート地点に、なかなか立てないケースが多いというのだ。

「専門機関の受診が遅れる最たる理由は本人の拒否ですが、家族が受診を無理強いしたことで本人の心が落ち着かず、症状が進みやすくなることもあります。かといって家族が気を使いすぎ、見て見ぬふりをして受診が遅れると病気が進行しかねない」(大野さん)

本人だけではなく、家族が認知症という現実を受け入れられずに受診を退けたり、家族間で意見が分かれるケースもあるという。
実は大野さん自身、「嫁の立場」でこの問題にぶつかり、義母の認知症の診断まで4年も要したという。
それは19年前にさかのぼる。地方で一人暮らしをしていた義母(当時81歳)が交通事故に遭い、それを機に東京に呼び寄せて息子家族と5人で暮らし始めた。

「ところが一緒に暮らすと、おかしな行動が目立つ。認知症じゃない?と思ったのですが、夫に言っても義姉に言っても、『年をとって性格が変わっただけではないか』『病院に行く必要はないと思う』と、取り合ってもらえなかった。嫁の立場では、それ以上は強く言えませんでした」

だが、その後、義姉が義母と暮らすことになり、そこでやっと「お母さんがおかしい!」とわかってもらえて、病院に連れていくことができたという。その時点で義母は長谷川式認知症スケールの得点が18点。診断は血管性認知症だった。

「義母は今年100歳で健在ですが、今は夫と2人の義姉、孫たちみんなで面倒を見ています。私の顔を見ると『何かうまいものはないかい?』なんて聞いてくれますが、早く診断を受けていれば、混乱せずにもっといい対応ができたかなという思いもあります」

〈つぎを読む〉受診拒否そのものが認知症の基本症状です

あわせて読みたい

この記事をシェアする