受診拒否そのものが認知症の基本症状です

本人にとっても家族にとっても大きなストレスとなる受診拒否問題は、役所や地域包括支援センターなどにも相談することができる。地域に「認知症サポート医」がいれば、支援センターなどの相談にのってくれる。認知症サポート医は05年に国が始めた制度で、かかりつけ医の相談役になったり、必要に応じて専門医につないだりして、地域連携を進める役割を担う。

勤医協中央病院(札幌市)の名誉院長で06年から認知症サポート医として認知症診療にあたる伊古田俊夫医師は、この5年間で10例ほどの「受診拒否」の相談を受けたという。

「受診を拒否した場合、ごく単純な誘導策としては、湿疹があるようだから診察を受けましょうとか、健康診断を受けましょうとか理由をつけて、医療機関に連れていく方法があります」

たとえば、通院中の疾患があればそれを口実にしてかかりつけ医から専門医を紹介してもらったり、風邪や頭痛をきっかけに受診させて、その際に相談するのも一つの方法だ。いずれも成功の鍵は、「事前」に病院側に相談しておくことだ。

「介護している家族が、『私、頭痛がひどいので病院に行きます。一緒についてきて!』と自らの受診への同伴をお願いする方法もあります。成功率は高くはありませんが、プライドの高い方を病院に誘うにはよいでしょう。これも医療機関側との事前の打ち合わせが必要です」

下に伊古田医師が勧める「受診に結びつける6つのヒント」をまとめたので参考にしてほしい。いろいろな努力をしても受診につなげられない場合は、医師に往診をしてもらい、そこから病院での受診につなげる道もある。

往診をしている地域の医師が見つからない場合は、役所や地域包括支援センター、認知症コールセンターや医師会を通して、訪問診療を依頼してみよう。

伊古田医師が言う。

「私の訪問診療では、60代の男性で、幻聴が特徴のアルコール性認知症と思われる方がいました。当初は受診拒否でしたが、1年以上の健康管理をへて通院を提案したら受け入れてくれました。通院でも幻聴などの症状が改善しないので、精神科病院を紹介して誘導し、精神科医へのバトンタッチに成功しました」

ほかにも伊古田医師が訪問診療をした認知症の人の中には、数年の健康管理後に肺炎や感染症で入院し、そこから家族の意向で施設に入所した例もある。

「受診拒否の方すべてが訪問診療で解決するわけではないし、訪問診療でも無理をすれば診察を拒まれる。受診拒否は、認知症という疾患の本質に根ざす基本的症状です。きちんと解決策を研究する必要を感じています」(伊古田医師)

それでも、受診を拒まれ行き詰まった家族には、次につながる一歩だろう。

受診に結びつける6つのヒント

  1. 「たまには健康診断を受けよう」と声をかけて医療機関に連れていく。

  2. 現在通院中の疾患(高血圧や腰痛など)を口実にして、かかりつけ医から紹介してもらう。

  3. 軽い症状(風邪や腹痛、頭痛、頻尿、皮膚発疹など)をきっかけに医療機関を受診し、その際に相談する。

  4. 家族以外の信頼できる第三者(友人など)に、「いい病院があるよ」などと声をかけてもらう。

  5. 家族の頭痛などの受診時に、本人に「同伴」してもらう。

  6. 地域包括支援センターや役所(保健師担当部署)、認知症コールセンターなどに相談する。家から連れ出すのが難しい場合、各相談窓口で往診の相談をしてみる。

*『脳からみた認知症』(伊古田俊夫医師著)を参考に作成

〈つぎを読む〉たまに会うからこそ気付く認知症の症状

あわせて読みたい

この記事をシェアする