健康&長生きを支える かかりつけ歯科医を持とう

認知症の予防、そして認知症になっても健康を維持するという意味でも注目されているのが「かかりつけ歯科医師」の存在です。「かかりつけ歯科医師がいない」という人は、「いる」という人に比べて1.4倍も認知症になるリスクが高いのです(下グラフ参照)。

「80歳になっても半数近い人たちが20本以上もの歯を残す時代。年齢とともにからだの免疫力が低下するなか、歯周病の進行を防ぐためにはかかりつけ歯科医によるプロのケアは欠かせません。総入れ歯になると歯科医に通わなくなるという人もいますが、実は定期的に調整してもらうことが『かめる入れ歯』を維持するために必要なのです」(柏﨑歯科医師)

こころがける13_1
認知症発症とかかりつけ歯科医師の関係

認知症を支えるカギは歯科と病院の連携

歯科と病院の連携が認知症を支えるカギ厚生労働省は、高齢になっても住み慣れた地域で安心して生活を継続できるよう、医療、介護サービス、地域の見守りや居場所といった枠組みを整えています。これを「地域包括ケアシステム」といいますが、その中に「かかりつけ歯科医」も組み込まれることが望まれます。

「なかでも認知症は、早いうちに見つけてチームでサポートできるよう『認知症初期集中支援チーム』が作られ始めています。ここに地域の歯科医も加わり、早い段階で認知症の人の口腔ケアをサポートしていくのが理想です」

多くの人がかかりつけ歯科医を持つようになると、今後は受診する患者の中に認知症の人が増えていくことは確実です。一般の歯科医師にも認知症への理解は欠かせない時代になるのは確かです。

「65歳以上の高齢者の7人に1人は認知症といわれる時代です。歯科外来の患者の4割は65歳以上という数字もありますから、認知症の患者さんと日々接するのは歯科医かもしれません。認知症の悪化と口の状態の悪化には関係性があることも多いもの。かかりつけ医だけでケアしきれない部分は、総合病院や大学病院と連携して、サポート態勢を構築する必要があるでしょう」(柏﨑歯科医師)

〈初回からみる〉かむことで脳が健康に 歯の本数が少ないとリスク増

〈つぎを読む〉難聴で認知症のリスク高まる

あわせて読みたい

この記事をシェアする