噛む力と認知症の関係。歯の本数が少ないとリスクが増える⁉

65歳以上の4人に1人が認知症かその予備軍といわれる日本。
認知症を予防し、発症しても進行を遅らせるためには「口の健康」が欠かせません。
口から考える認知症、その新常識に迫ります。

認知症と歯の深い関係、ここまでわかった!

まず大前提としてお伝えしておきたいことがあります。歯や口の機能と認知症の直接的な因果関係は、医学的に証明されていません。けれど、さまざまな研究報告から、歯や口と認知機能の深いかかわりが浮き彫りになってきました。

たとえば、愛知県に住む65歳以上の男女4千人を4年間追跡し、認知症の発症と歯の本数との関係を調べたものです。歯の残存数が20本以上ある人と、歯がなく義歯(入れ歯、インプラントなど)もつけていない人とでは、認知症になるリスクは1.9倍と大きな差異が見られたのです。咀嚼力が低いと感じている人もまた、1.5倍のリスクがあることがわかりました(下グラフ参照)。

こころがける9_1_1
認知症のリスクと残存歯数の関係
こころがける9_1_2
認知症のリスクと咀嚼能力の関係

別の調査もあります。宮城県仙台市内の70歳以上の高齢者(1167人)を調査した結果、健康な人の歯の本数は平均14.9本、認知症の疑いのある人は平均9.4本だったのです(東北大学大学院/2003年)。

ガムをかんだときは 高齢者ほど脳が活性化

マウスを使った広島大学の研究も興味深いものです。遺伝子操作でアルツハイマー型認知症を発症したマウスを、「奥歯を抜いた群」「歯がそろった群」に分けて比較したところ、歯を抜いたマウスのほうが学習能力、記憶能力があきらかに低下していました。

さらに、日本体育大学保健医療学部の小野塚實教授の実験では、ガムをかんだときに脳の血流が増えるのは高齢者ほど大きいということがわかりました(下写真参照)。とくに、集中力や意欲、共感力といった「人間らしさ」をつかさどる前頭前野の血流が増えて活性化するのです。

こころがける9_2
ガムをかんだときの脳は高齢者の方が活性化

日本歯科大学教授であり、日本咀嚼学会副理事長でもある志賀博歯科医師はこう話します。

「かむことによって脳の血流がよくなりますし、神経回路を通じて脳への刺激が送られることは確かです。それが認知症の予防に何らかのかかわりがあるのは確かだと思います。ただし、歯がなければダメかというと、そうではありません。かむことの刺激は歯からだけでなく、粘膜や筋肉からも脳に伝わっていきます。歯を失っても、入れ歯やインプラントを使うことによってしっかりかむことができれば、歯を失っても脳を活性化することは可能なのです」

アルツハイマー型認知症を誘発するのは歯周病!?

成人の8割以上がかかっているといわれる歯周病。それが認知症と深くかかわっている可能性も指摘されています。

これまでにも、アルツハイマー型認知症の患者の脳から歯周病菌が見つかるなど、その関連性が指摘されていました。17年5月、日本大学歯学部の落合邦康特任教授らの研究チームは、歯周病とアルツハイマー型認知症との関連性を示唆する、新たな動物実験結果を発表しました。

認知症の中でもっとも多いアルツハイマー型認知症。その原因はまだ完全には解明されていませんが、体内で発生する酸化ストレスによって、細胞や組織が悪影響を受けるのではないかという仮説があります。落合特任教授らのチームは、歯周病の原因菌によってつくられる「酪酸」という物質を健康なラットの歯肉に注射。6時間後に調べると、脳内の各部位で酸化ストレスが上昇し、なかでも記憶をつかさどる「海馬」でのストレスが顕著だったそうです。

また、アルツハイマー型認知症の脳神経細胞内で過剰に増える「タウ」というたんぱく質も通常のラットに比べて42%増加しました。

「ラットの歯肉に注射した『酪酸』は、歯周病患者の歯周ポケットで通常の10〜20倍も見つかっています。健康であればポケットにとどまっていても、歯肉の炎症などがあると組織から血管に入り込んで全身をめぐります。それが長期間つづくと脳に悪影響を与える可能性は十分にあります。たかが歯周病と侮らず、できるだけ早く治療しましょう」(落合特任教授)

〈続きをみる〉咀嚼チェックと認知症予防

あわせて読みたい

この記事をシェアする